プロ・クーン(Plo Koon)のライトセーバーと関連玩具紹介

TSUTAYA TV
ライトセーバー
画像出典ー通販サイトライトセーバースタイルー

※注意:以下解説等に作品のネタバレが含まれている場合があります。また、一部解説に誤りがある可能性もあります、ご了承ください。

ライトセーバー

出典ーInsight Editions; Illustrated版 (2020/10/20)「Star Wars: The Lightsaber Collection」ー

プロ・クーンのライトセーバーはブレード色は青、柄には土台に円錐状になっている特徴的なラジエーターを備えています。

そして外装は使い古されていき、攻撃的な戦闘スタイルが反映されています。

全体の形状はルミナーラ・アンドゥリのライトセーバーと酷似しており、自身を哨兵と見なすジェダイの間で非常に一般的な柄のデザインを採用しています。

玩具・レプリカセーバーの紹介

通販サイトライトセーバースタイルではウルトラセイバーズ社1社分扱っていますが、なぜか色違い合わせて4種類あり少々優遇されています。

その他高クオリティのライトセーバーのブランドを通販サイトライトセーバースタイルは取り扱っています。
ブランドやニーズに合わせた紹介は下記リンクより。

キャラクタープロフィール

プロ・クーンは惑星ドリン出身、ケル・ドアという種族のジェダイ・マスターでジェダイ評議会のメンバーでもあります。

変わった見た目をしているが、彼の種族ケル・ドアは酸素の多い環境下では敏感な目や鼻を守る必要がある為目の保護具と呼吸マスクを着用しています。

そしてプロは強いテレキネス力があり恐るべき戦闘技術を持ち合わせていますが、穏やかな性格の為対立の代替案を好み強い理由が無い限り争いは避けます。

アナキン・スカイウォーカーの弟子であるアソーカ・タノは、彼女が幼子の時にプロによって才能を見出されジェダイ・オーダーに加わりました。

その為かアソーカが悩んだりアナキンともめた際には何かと力になり、師弟関係に無いものの彼女らを導く支えとなり作中ではアソーカのメンターとしても描かれています。

そしてクローン・ウォーズシーズン5にて彼女の冤罪が判明した際、ジェダイ評議会のメンバーの中で唯一謝罪する人格者でもあります。

彼の最期は他の多くのジェダイと同じくep3のオーダー66によるものでした。

クローン大戦が終わり優れたパイロットでもあった為、スターファイター中隊を率いてパトロール中に部下のトルーパーによって攻撃され墜落し死亡。

映画ではあっけなく見えなくもないが、彼の存在はアソーカに大きな影響を与えました。

彼女の活躍は今後ドラマ等あるので、大きな功績を残したともいえます。

製作舞台裏

映画シリーズでは出番はあるもののほとんど話さず大勢のジェダイの一人としているだけですが、CGアニメ「クローン・ウォーズ(THE CLONE WARS)」シリーズといった作品では多くの活躍が見られます。

初登場はep1で俳優アラン・ラスコー(Alan Ruscoe)が演じ、ep2以降では俳優マット・スローン(Matt Sloan)が演じました。

そしてCGアニメ「クローン・ウォーズ(THE CLONE WARS)」ではジェームズ・アーノルド・テイラー(James Arnold Taylor)が声を担当しました。

CGアニメ「クローン・ウォーズ(THE CLONE WARS)」の総監督、デイヴ・フィローニ(Dave Filoni)はテイラーにロード・オブ・ザ・リングのガンダルフにある賢明さを考えて欲しかったが、テイラー自身の傾向を取り入れ統合し演じたようです。

これはすべてのジェダイマスターの話し方に含まれており、指示など基本的にコントロールしていますが、デイヴ自身も時々テイラーを手放すのを楽しんでいるそうです。

参考文献

  • 「Star Wars: The Lightsaber Collection」
  • 「Star Wars Lightsabers: A Guide to Weapons of the Force」
  • 「スター・ウォーズ キャラクター事典 完全保存版」
  • その他スターウォーズ関連映像作品
ライトセーバー
NS-7010をフォローする
NS-7010の映画ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました