週刊アイアンマンvol1

TSUTAYA TV
週刊アイアンマン

デアゴスティーニ出版、週刊アイアンマン創刊号~完成まで(一応100号で完結予定らしい)組み立てていき、その過程を記録していこうという企画になります。

動画も撮っていますがこのサイトでは写真のみ、いずれ創刊号~最終号をまとめた動画を作ろうと思ってます。

売り切れ等心配がないようにさっそく定期購読を申し込んだので、どうしても無理な状況になり解約しない限りは大丈夫です。

毎週ではなく2週間に1度届くようで、お届け予定日は以下になるようです。

1号は翌日に届いたのに加え、他も届いた当日には作業が出来ない事もある為お届け予定日から5日以内の組み立てを目指したいと思います。

実は1号は届いた当日組み立てて、記録していこうと考えたのはその後でした(-_-;)

なので、改めて始めるために2つ目本屋で購入してきました!でも、2つ持ってるのも買ってない他のファンに悪いかなぁと思うので、片方は知り合いのお子さん(私が話すせいでアメコミ好きになった)にプレゼントすることにします。

本誌の方は省略しますが、記載されてる完成予定の原寸大画像は下図の通りです。

元々持っているホットトイズのアイアンマンマーク7(何故かバトルダメージver)と比較すると更に大きい迫力のあるものと分かりますね(^^)

とりあえず2度目の開封♪初見時と同じく電池もちゃんと付属してますね。

出して1箇所においても大丈夫な程良い量ですね。

さて組み立てようと思ったら前回と違いネジの片方がうまく入らない(-_-;)

よく見比べると片方のねじ穴が本来より小さいことが判明!一応付属のネジは予備がある為小さい方を代用ができるみたいだが、このように一部製品に不備があることもあるようです。

創刊号でこうなると、今後問い合わせる日が来るかもですね(-_-;)

左が今回組み立て、右が前回の完成品

とりあえず触った感じ固定されているので次は電池ボックスの取り付け。電池ボックスはプラスチック製のため、必要以上ネジを回すと凹むかもなのである程度きつめに留めれたらOK。

次はバイザーベース。光る部分なので大切で、ぴったりはまったので大丈夫そうです。

次はバイザーサポート。LEDをはめるだけで左右の区別も無いので簡単です(^^)

次はバイザーサポートをネジ留め。これもプラスチックなので注意です。

次は電池を入れてカバーをします。電池は向きさえ確認すれば大丈夫で、厚紙を使った入れ方の解説が説明書にあってやりやすいですね。でも、負担なく入れれる人はしなくても大丈夫そうです。

カバーのネジは最初にネジを使ったため予備がない状態ですね(-_-;)まあ特に問題はありませんでしたが…

あとはマスクをして完成。無事光ることも確認♪

最初に比較したマーク7の頭と並べてみました。ホットトイズも結構精巧でサイズも6分の1と大きいフィギュアですが、今回のは大きさだけでなく金属製なのもあって重量感もかなりのものですね。

創刊号発売後結構経ってからサイトを立ち上げてこの企画をしたので、もうすぐ次のが送られてきますね。

次回は9月8日以降ですね、できるだけ早く頑張ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました