サイフォ=ディアス(Sifo-Dyas)のライトセーバーと関連玩具紹介

TSUTAYA TV
ライトセーバー
画像出典ーInsight Editions; Illustrated版 (2020/10/20)「Star Wars: The Lightsaber Collection」ー

※注意:以下解説等に作品のネタバレが含まれている場合があります。また、一部解説に誤りがある可能性もあります、ご了承ください。

ライトセーバー

出典ーInsight Editions; Illustrated版 (2020/10/20)「Star Wars: The Lightsaber Collection」ー

サイフォ=ディアスのライトセーバーはブレード色は青、柄に滑らかな円筒を組み込んでいて金属バンドで覆われています。

そしてくぼみのある複数の長方形の板で構成されたキャップ付きの柄柄があります。

玩具・レプリカセーバーの紹介

今回のライトセーバーにおける玩具・レプリカの商品展開については今のところ確認できませんでした。
その他高クオリティのライトセーバーのブランドを通販サイトライトセーバースタイルは取り扱っています。
ブランドやニーズに合わせた紹介は下記リンクより。

キャラクタープロフィール

サイフォ=ディアスはジェダイ・マスターで元ジェダイ評議会のメンバーでした。

彼は予知能力が高く、いずれ大規模な戦争を予期しましたがジェダイ評議会に理解を得られず過激派として評議会から除名されました。

ep2から登場したクローントルーバーの製造を秘密裏に惑星カミーノのカミーノアン達に発注した人物として映画作品では名前等話題に出ますが、ep1より前の時点で死亡しています。

更にCGアニメ「クローン・ウォーズ(THE CLONE WARS)」シーズン6にてプロ・クーンによってライトセーバーが発見されており、回想・ホロクロンでも登場しました。

彼の最期は極秘任務である犯罪組織パイク・シンジケートとの交渉で任務に就きましたが、パイク・シンジケートは元ジェダイのドゥークー伯爵(ダース・ティラナス)に雇われており殺害されました。

その後ドゥークー伯爵がジェダイ・オーダーをサボタージュさせる為にクローン軍の製造計画を乗っ取り、密かに操ることになりました。

CGアニメ「クローン・ウォーズ(THE CLONE WARS)」では、サイフォ=ディアスの死についてジェダイ達が調査しますが、敵が自分たちの味方の軍隊の製造に関わっている事までは理解したもののそれ以上のことが分からず保留としました。

参考文献

  • 「Star Wars: The Lightsaber Collection」
  • 「スター・ウォーズ キャラクター事典 完全保存版」
  • 「完全保存版ビジュアル大百科スター・ウォーズ ビジュアル・エンサイクロペディア」
  • その他スターウォーズ関連映像作品
ライトセーバー
NS-7010をフォローする
NS-7010の映画ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました