「アベンジャーズ」Blu-ray特典音声解説レビュー

TSUTAYA TV
DVD・Blu-ray特典音声解説レビュー
画像出典:amazon

注意:作品を一通り観ている前提なのでネタバレが含まれています。また、レビューはあくまで個人の感想に基づくものです、ご了承ください

はじめに

映画等多くのDVD・Blu-rayには本編以外の映像特典があります。

その特典の中でも私個人は音声解説を特に注目しており、重要性については下記より。

DVD・Blu-ray音声解説(オーディオコメンタリー)レビュー一覧と特典解説
はじめに最近動画配信サービスがあることでドラマや映画を一気見できます。しかし、動画配信サービスには一部を除きDVD・Blu-rayにある様な特典映像が無いことが多いです。特典には製作の裏話や小ネタが多くあり、中には...

今回は「アベンジャーズ」のDVD・Blu-ray特典の音声解説について言及します。

収録されている音声解説

今作の音声解説は監督を担当したジョス・ウェドン氏一人です。

現在、 DVD・Blu-rayはいくつか発売されていますが、音声解説はDVDにはありません。

MCUシリーズでは今作から製作会社やDVD・Blu-ray発売元等細かい変更がある為か、一部例外を除いてDVDにはほとんど本編以外が収録されなくなりました。

それ以外のBlu-ray単品もAmazon等で選べますが、物によっては本編のみの海賊版などいい加減なこともあるので注意が必要です。

ジョス・ウェドン監督による音声解説

私の評価:3 out of 5 stars (3 / 5)

印象的なコメント(要約したもの)及び感想

  • 念頭に置いたのは完璧なヒーローにしない事で、力を発揮するものの状況に振り回され人間臭さが無いと映画は成り立たない
  • ホーク・アイは草稿が190ページに及んでも出番を作れなかったから、序盤から特殊な立ち位置にした。
  • 今作の世界観の基準は映画「アイアンマン」にしている。
  • チームを結束させるためにコールソンの死亡はケヴィン・ファイギ氏(マーベル・スタジオの社長)の発案で、最初の会議であっけなく決定した。ストーリー上必要だった。
  • 能力は個々で異なるが各自に見せ場を与えたく、全てのアクションがそれぞれのパワーレベルと一致するように心がけた。

MCUシリーズ初の集合作品なので脚本も度々書き直し、少々おかしいシーンについても監督が語ってくれています。

そして、若干これまでの作品に時代・世界観の差がある為か、「アイアンマン」を基準においてあることを語っています。

また、製作上の話は俳優が変更になったハルクが多めで、その次に単体作品が無いホーク・アイ、ブラック・ウィドウが多めです。

作品の小ネタや裏設定等にはほとんど触れずに、物語の話の運び方や撮影・編集についてが多かったように思います。

こんな人におすすめ

前述の通り裏設定とかは少なく、多少今作のストーリー等製作意図について疑問に思っている方や純粋に好きな方におすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました