「スパイダーマン」音声解説レビュー・小ネタ等まとめ

TSUTAYA TV
DVD・Blu-ray特典音声解説レビュー
画像出典:amazon

※注意:作品を一通り観ている前提なのでネタバレが含まれています、ご了承ください。また、レビューはあくまで個人の感想に基づくものです、ご了承ください。

はじめに

映画等多くのDVD・Blu-rayには本編以外の映像特典があります。

その特典の中でも私個人は音声解説を特に注目しており、重要性については下記より。

DVD・Blu-ray音声解説(オーディオコメンタリー)レビュー一覧と特典解説
はじめに最近動画配信サービスがあることでドラマや映画を一気見できます。しかし、動画配信サービスには一部を除きDVD・Blu-rayにある様な特典映像が無いことが多いです。特典には製作の裏話や小ネタが多くあり、中には...

今回は「スパイダーマン」のDVD・Blu-ray特典の音声解説について言及します。

しかし、Amazon等通販において特典の収録内容について詳しい記載の有無は商品それぞれで、音声解説の仕様も異なります。

収録されている音声解説

収録されている音声解説は以下の通りです。

  • トビー・マグワイアとJ・K・シモンズによる音声解説(Blu-rayのみ)
  • 製作スタッフとキャストによる音声解説
  • 視覚効果デザイナーとスタッフによる音声解説

そしてこれらの音声解説付きのDVD・Blu-rayは主に下記の通りです。

トビー・マグワイアとJ・K・シモンズによる音声解説

まず主演トビー・マグワイア氏とJ・J・ジェイムソン役のJ・K・シモンズ氏の二人による音声解説は、確認したところBlu-rayのみの収録でした。

私の評価:2.5 out of 5 stars (2.5 / 5)

撮影裏話というより雑談が多めで彼らが好きなら楽しめます。

しかし、小ネタ等はそこまで多くはありません。

小ネタ・製作裏話

音声解説にある内容を軽くピックアップして下記にまとめました。

  • 2人は「サイダーハウス・ルール」で共演済み(本人たちはこれをトリビアとして語る)
  • 初めての喧嘩中のバク宙:ハーネスを付けてスタントではなく本人。
  • レスリングに入場:入場前の話し相手と押す手はサム・ライミ監督。
  • 登場する警官や消防隊員の多くはニューヨークの本物。
  • 終盤での戦闘:ろっ骨を負傷し、その他苦労話も多数。
  • 終盤のMJとの会話:風が強くて全部アフレコ(音声のみ撮り直し)

製作スタッフとキャストによる音声解説

この音声解説のメンバーは以下の通りです。

私の評価:4 out of 5 stars (4 / 5)

この音声解説はサム・ライミ氏とグラント・カーティス氏、ローラ・ジスキン氏とキルスティン・ダンスト氏の2組が別々に収録し、シーンに合わせて切り替わっています。

小ネタや製作裏話は多く製作陣の身内・業界の著名人の出演や撮影場所の話も多いので、これらに興味がある方にはおススメです。

小ネタ・製作裏話

音声解説にある内容を軽くピックアップして下記にまとめました。

  • 彼の誕生を描くため、OPを含めて冒頭ではスパイダーマンはできる限り出さない。
  • 映画では多くの本物のクモが使われ、本物のクモ学者のスティーブ・カッチャー氏も出演。
  • サム監督は刺すクモの見た目にこだわり、南半球へ捕りに行った。
  • やせた体は合成。
  • ピーターの部屋の壁紙の模様はクモの巣。
  • 転ぶMJと食器を受け止める:トレーを手にノリづけし、テイク156回。
  • 糸を出す時の掛け声:トビー・マグワイア氏のアドリブ。
  • レスリング入場時に押した手とポップコーンを投げたのはサム・ライミ監督。
  • 七面鳥は2日間放置されて悪臭、おいしそうに演技。
  • ラストのスパイダーマンのスイング映像:映画より18ヶ月も前に企画され製作が開始。

視覚効果デザイナーとスタッフによる音声解説

この音声解説のメンバーは以下の通りです。

  • ジョン・ダイクストラ氏:視覚効果デザイナー
  • スコット・ストックダイク氏:イメージワークスの視覚効果スーパーバイザー
  • アンソニー・ラモリナラ氏:アニメの監督
私の評価:3.5 out of 5 stars (3.5 / 5)

全体的に製作の手法・技術や工夫等専門的な話が多く、用語の解説も入れてくれますが映画は好きでも業界や専門知識に興味が無い人には少々退屈するかもしれません。

しかし、たまに作品に対する解釈や興味深い小ネタがあります。

また、終盤の戦闘でグリーンゴブリンが瓦礫から手を出して起き上がるシーンで監督の作品「死霊のはらわた3」へのオマージュと発言します。しかし、「製作スタッフとキャストによる音声解説」にて監督が否定しているので、あくまでも解説は個人の見解・解釈になります。

小ネタ・製作裏話

音声解説にある内容を軽くピックアップして下記にまとめました。

  • クモが手を這うシーン:実際にはわせたが代役で、この後その人は辞めた。
  • 転ぶMJと食器を受け止める:実演でテイク156で成功。(他の音声解説にもあり)
  • スパイダーセンスの定義は時間の膨張(すべてをスローダウンさせ危険を察知する)
  • 有名なキスシーン:鼻の穴は水でいっぱいでぬれた布を通して何とか呼吸し苦労。
  • 火事での戦闘:実際に燃えているセットで、撮影中に中に入るには消防士の制服と呼吸装置が必要。
  • 撮影中に9.11があり、予告編の世界貿易センタービルは象徴的に使われていたので削除した。
  • 映画の90%を作るのにかかった時間と最後の10%(ラストの町のスイングシーン)を作るのにかかった時間はほぼ同じ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました