ダークセーバー(The Darksaber)と関連玩具紹介

TSUTAYA TV
ライトセーバー
画像出典ーInsight Editions; Illustrated版 (2020/10/20)「Star Wars: The Lightsaber Collection」ー

※注意:以下解説等に作品のネタバレが含まれている場合があります。また、一部解説に誤りがある可能性もあります、ご了承ください。

ライトセーバー

出典ーInsight Editions; Illustrated版 (2020/10/20)「Star Wars: The Lightsaber Collection」ー

一応ライトセーバーの一種ですが、その形状や色は特殊です。

ブレード色は黒で白いプラズマエネルギーで覆われていて、形状は他のライトセーバーの様な円筒形ではなく平らで柄が長方形でまるで刀の様です。

出典ーInsight Editions; Illustrated版 (2020/10/20)「Star Wars: The Lightsaber Collection」ー

玩具・レプリカセーバーの紹介

通販サイトライトセーバースタイルではアレックスセイバーズ社の取り扱いがあります。

そしてAmazonや楽天でクオリティは様々ですが色々取り扱いがあります。

その他高クオリティのライトセーバーのブランドを通販サイトライトセーバースタイルは取り扱っています。
ブランドやニーズに合わせた紹介は下記リンクより。

歴史・歴代所有者について

千年以上前にジェダイの騎士となった最初のマンダロリアンであるター・ヴィズラ(Tarre Vizsla)によってダークセーバーは作られました。

ター・ヴィズラの死後、ジェダイ聖堂に保管されていましたがヴィズラ家が奪いました。

ダークセーバーを用いてマンダロリアンを統治したこともある為か、ヴィズラ家だけでなくマンダロリアン達の権威の象徴として機能する役割があります。

初登場はCGアニメ「クローン・ウォーズ(THE CLONE WARS)」シリーズで、マンダロリアンの組織の一つのデス・ウォッチのリーダーであるプレ・ヴィズラ(Pre Vizsla)が所持していました。

しかし、元シス卿のモールとの決闘に敗れ、当分の間モールが所有者となります。

その後CGアニメ「反乱者たち」にて、モールの故郷である惑星ダソミアに置いてあったがサビーヌ・レン(Sabine Wren)が持ち出しました。

自身でも使用したりしつつも最終的にボ=カターン・クライズ(Bo-Katan Kryze)に渡します。

そして、ドラマ「マンダロリアン」のシーズン1ラストにて実写デビューを果たしました。

モフ・ギデオン(Moff Gideon)が所有しており、シーズン2にて実写デビューを果たしたボ・カターンが奪い返そうとしていましたが「マンダロリアン」の主人公ディン・ジャリンが戦って勝ちました。

ディン・ジャリンはボ・カターンに渡そうとしますが、戦って奪った以上掟に従い受け取ることが出来ずシーズン2は終了しました。

その後ドラマ「ボバ・フェット」にも登場しました。

今後シーズン3やその他作品でも登場すると思われるので、随時更新予定です。

製作舞台裏

「現存のクローン戦争の小道具からダークセーバーを採用し、柄の生地や様式を細部に至るまで変更した」とアートディレクターのキリアン・プランケット(Kilian Plunkett)は語ります。

こうして、彼は反乱軍のよりシンプルな視覚スタイルに再設計してこの武器を完成させました。

参考文献

  • 「Star Wars: The Lightsaber Collection」
  • 「完全保存版ビジュアル大百科スター・ウォーズ ビジュアル・エンサイクロペディア」
  • その他スターウォーズ関連映像作品

Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

ライトセーバー
CT-7010をフォローする
CT-7010の映画ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました