レイア・オーガナ(Leia Organa)のライトセーバーと関連玩具紹介

TSUTAYA TV
ライトセーバー
画像出典ーInsight Editions; Illustrated版 (2020/10/20)「Star Wars: The Lightsaber Collection」ー

※注意:以下解説等に作品のネタバレが含まれている場合があります。また、一部解説に誤りがある可能性もあります、ご了承ください。

ライトセーバー

出典ーInsight Editions; Illustrated版 (2020/10/20)「Star Wars: The Lightsaber Collection」ー

レイア・オーガナのライトセーバーはブレード色が青、金属製のグリップが湾曲しています。

柄の細い首とリング状のエミッターは師であり兄のルークのライトセーバーに似ています。

レイアのライトセーバーは芸術的作品で、優雅な対称性とオルデラーンでの王族としての育ちを彷彿させる銀と金の色合いで定義されています。

玩具・レプリカセーバーの紹介

通販サイトライトセーバースタイルでは色違いも含めて色々あります。

セイバーフォージ社

ウルトラセイバーズ社

アレックスセイバーズ社


その他高クオリティのライトセーバーのブランドを通販サイトライトセーバースタイルは取り扱っています。
ブランドやニーズに合わせた紹介は下記リンクより。

キャラクタープロフィール

レイア・オーガナは惑星オルデラーンにて養父ベイル・オーガナによりオルデラーン王室のプリンセスとして育てられました。

血筋としては旧三部作の主人公ルーク・スカイウォーカーの双子の妹で、アナキン・スカイウォーカーダース・ベイダー)とパドメ・アミダラの娘です。

ep6にてハン・ソロと結ばれて、ベン・ソロカイロ・レン)の母となりました。

ep3にて兄と共に生まれ、 オルデラーン選出の元老院議員、反乱同盟軍のリーダーやレジスタンスの将軍等平和のために多くの活躍をしていきました。

彼女の最期は続三部作(シークエル)の製作途中の俳優の他界もあってか、ep9にて息子のベン・ソロにフォースを通じて語り掛け、フォースと一体となりました。

彼女の死後、帝国の崩壊後に兄のルークの指導の下でジェダイの訓練を受けていたことが ep9(スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け)にて明かされ今回のライトセーバーが登場しました。

しかし、レイアは訓練が息子の死につながると感じ、修業を中断しライトセーバーを兄のルークに預けることにしました。

戦いに使用されたこのライトセーバーはレイ・スカイウォーカーによりスカイウォーカーのライトセーバーと共に惑星タトゥイーンに埋められました。

参考文献

  • 「Star Wars: The Lightsaber Collection」
  • スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
  • スター・ウォーズ キャラクター事典 完全保存版

Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

ライトセーバー
CT-7010をフォローする
CT-7010の映画ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました