シン・ドローリグ(Cin Drallig)のライトセーバーと関連玩具紹介

TSUTAYA TV
ライトセーバー
画像出典ーInsight Editions; Illustrated版 (2020/10/20)「Star Wars: The Lightsaber Collection」ー

※注意:以下解説等に作品のネタバレが含まれている場合があります。また、一部解説に誤りがある可能性もあります、ご了承ください。

ライトセーバー

出典ーInsight Editions; Illustrated版 (2020/10/20)「Star Wars: The Lightsaber Collection」ー

シン・ドローリグのライトセーバーはブレード色が緑、シンプルな形状で使いやすいです。

玩具・レプリカセーバーの紹介

今回のライトセーバーにおける玩具・レプリカの商品展開については今のところ確認できませんでした。
その他高クオリティのライトセーバーのブランドを通販サイトライトセーバースタイルが取り扱っています。
ブランドやニーズに合わせた紹介は下記リンクより。

キャラクタープロフィール

ジェダイマスターのシン・ドローリグは、クローン戦争中のバトルマスターでありジェダイ寺院の警備責任者です。

ライトセーバー戦闘の技術をフォース感知者(フォース=センシィティブ)に指導しつつ、ジェダイ・テンプル・ガードを指揮します。

ライトセーバー戦闘の先生であるがゆえに、ライトセーバーが偏りのないシンプルなデザインになっているかもしれませんね。

プリクエル・トリロジー(エピソードⅠ~Ⅲ)すべてのスタントコーディネーターであるニック・ギラード(Nick Gillard)への賛辞として、キャラクターと彼の特定の専門分野の両方がエピソードⅢに追加されました。

彼は映画の登場人物を演じるのに適しており、シン・ドローリグ(Cin Drallig)という名前はニック・ギラード(Nick Gillard)の名前を逆に読むことで付けられました。

ドローリグ自体は映画の登場としては、警備記録の一部の僅かな箇所にしか登場しませんでしたが、シスの復讐のビデオゲームにて大きな役割を果たしました。

ギラードはゲームの開発者に緊密に協力してジェダイの戦闘の複雑さを教えました。ゲームの終盤ではゲームのプレイヤー(アナキン・スカイウォーカー)は、ドローリグを倒す必要があります。

また、CGアニメ「クローン・ウォーズ(THE CLONE WARS)」のシーズン5にて、少しだけ登場しました。

参考文献

  • 「Star Wars: The Lightsaber Collection」
  • その他スターウォーズ関連映像作品
ライトセーバー
NS-7010をフォローする
NS-7010の映画ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました