デパ・ビラバ(Depa Billaba)のライトセーバーと関連玩具紹介

TSUTAYA TV
ライトセーバー
画像出典ーInsight Editions; Illustrated版 (2020/10/20)「Star Wars: The Lightsaber Collection」ー

※注意:以下解説等に作品のネタバレが含まれている場合があります。また、一部解説に誤りがある可能性もあります、ご了承ください。

ライトセーバー

出典ーInsight Editions; Illustrated版 (2020/10/20)「Star Wars: The Lightsaber Collection」ー

デパ・ビラバのライトセーバーはブレード色は青、先細の柄頭で終わる頑丈な金属製の円筒が特徴的です。その複数の輪で囲まれた放射口は、柄の周りを完全に包むダイヤモンド形の金属部分によって覆われています。

また、このライトセーバーはアニメーションデザインに基づいています。

玩具・レプリカセーバーの紹介

今回のライトセーバーにおける玩具・レプリカの商品展開については今のところ確認できませんでした。
その他高クオリティのライトセーバーのブランドを通販サイトライトセーバースタイルが取り扱っています。
ブランドやニーズに合わせた紹介は下記リンクより。

キャラクタープロフィール

デパ・ビラバは惑星キャラクタ(Chalacta)出身のジェダイ・マスターでナブーの戦いの時はジェダイ評議会の在籍していました。

彼女はメイス・ウィンドゥ(Mace Windu)に師事し、ケイレブ・デューム(Caleb Dume)という若いパダワンを弟子にしています。

そしてクローン戦争終盤でオーダー66の際は彼女の部下のクローントルーパーによって亡くなりますが、弟子のケイレブを密輸業者ケイナン・ジャラス(Kanan Jarrus)として偽り逃がしました。

また、メイス・ウィンドゥから技術を学んだ彼女はその技術を生徒に教えるためにベストを尽くす優れたライトセーバー戦闘員でした。

女優のディピカ・オニール・ヨティ(Dipika O’Neill Joti)は、エピソードⅠのキャラクターを演じています。エピソードⅡのジェダイ評議会シーンのストック映像に再び登場します。

デパ・ビラバは、CGアニメ「クローン・ウォーズ(THE CLONE WARS)」の作家やアーティストによってアニメーション用に開発されましたが、彼女をフィーチャーしたはずのエピソードは最終的には制作されませんでした。

参考文献

  • 「Star Wars: The Lightsaber Collection」
  • その他スターウォーズ関連映像作品
ライトセーバー
NS-7010をフォローする
NS-7010の映画ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました