トレーニング用ライトセーバー(TRAINING LIGHTSABER)と関連玩具紹介

TSUTAYA TV
ライトセーバー
画像出典ーInsight Editions; Illustrated版 (2020/10/20)「Star Wars: The Lightsaber Collection」ー

※注意:以下解説等に作品のネタバレが含まれている場合があります。また、一部解説に誤りがある可能性もあります、ご了承ください。

ライトセーバー

出典ーInsight Editions; Illustrated版 (2020/10/20)「Star Wars: The Lightsaber Collection」ー

このライトセーバーはトレーニング用で、ブレード色は青や緑に切り替え可能ですが出力設定が人体に強く当てた場合でも一時的に筋肉を麻痺させる程度の殺傷能力しかありません。

また、その使用用途から16.5㎝と若者に合うように小さく設計されています。

柄はデュラスティール(合金の一種)、銅、及び焼き戻しプラスチックから耐久性のために構築されています。

玩具・レプリカセーバーの紹介

今回のライトセーバーにおける玩具・レプリカの商品展開については今のところ確認できませんでした。
その他高クオリティのライトセーバーのブランドを通販サイトライトセーバースタイルは取り扱っています。
ブランドやニーズに合わせた紹介は下記リンクより。

使用者について

ジェダイ寺院の若者は通常10代になる前にジェダイ・パダワンに選ばれることはほとんどありませんが、ライトセーバーの指導はジェダイ・イニシエイトである3歳くらいの年齢から始まります。

その際、このトレーニング用のライトセーバーが使われます。

修業の行程上、まだ自身のライトセーバーを組み立てていないためこれらは共有財産(レンタル専用)であり、これまで数百~数千もの人物に使用された可能性があります。

修業の様子はep2にて初登場し、その時はヨーダが指導しています。

この修業にはトレーニング・リモートという機械が使われ、ヘルメット等で視界を塞いで行います。

出典ー「完全保存版ビジュアル大百科スター・ウォーズ ビジュアル・エンサイクロペディア」ー

この修業は本来かなり長時間行いますが、アナキン・スカイウォーカーはイニシエイトを経ずにパダワンになりこの修業はしませんでした。

また、その息子のルーク・スカイウォーカーやレイといったプリクエル三部作以降の実写映画の修業ではトレーニング・リモートを使ってはいるものの今回のトレーニング用ライトセーバーは使用せず通常のライトセーバーを使う上に短期間であり、ジェダイとしてはかなりの例外ということになります。

参考文献

  • 「Star Wars: The Lightsaber Collection」
  • 「Star Wars Lightsabers: A Guide to Weapons of the Force」
  • 「完全保存版ビジュアル大百科スター・ウォーズ ビジュアル・エンサイクロペディア」
  • その他スターウォーズ関連映像作品

Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

ライトセーバー
CT-7010をフォローする
CT-7010の映画ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました