「インクレディブル・ハルク」DVD・Blu-ray特典音声解説レビュー

TSUTAYA TV
DVD・Blu-ray特典音声解説レビュー
画像出典:amazon

※注意:作品を一通り観ている前提なのでネタバレが含まれています。また、レビューはあくまで個人の感想に基づくものです、ご了承ください。

はじめに

映画等多くのDVD・Blu-rayには本編以外の映像特典があります。

その特典の中でも私個人は音声解説を特に注目しており、重要性については下記より。

DVD・Blu-ray音声解説(オーディオコメンタリー)レビュー一覧と特典解説
はじめに最近動画配信サービスがあることでドラマや映画を一気見できます。しかし、動画配信サービスには一部を除きDVD・Blu-rayにある様な特典映像が無いことが多いです。特典には製作の裏話や小ネタが多くあり、中には...

今回は「インクレディブル・ハルク」のDVD・Blu-ray特典の音声解説について言及します。

収録されている音声解説

今作の音声解説は監督のルイ・レテリエ氏と俳優のティム・ロス氏(エミル・ブロンスキー役)です。

現在映像特典があるものとしてDVD2枚セットとBlu-ray1枚があり、特典内容はほとんど同じです。

また、それ以外も発売されていますが、物によっては本編のみの海賊版などいい加減なこともあるので注意が必要です。

ルイ・レテリエ監督とティム・ロスによる音声解説

私の評価:4.5 out of 5 stars (4.5 / 5)

印象的なコメント(要約したもの)及び感想

  • ハルクの誕生を描かないことが本作では重要で、誕生を描くと出発点が同じになってしまう。変化が欲しかった。
  • CGより実写の方がハラハラし、他作より実写映像が多く北極やブラジルなどあちこちロケに行った。
  • 編集の時に大事なのは削ることを恐れてはいけないことで、作品全体のバランスをとる。
  • 過去の映画「ハルク」と同じキャストを起用する事は続編と誤解するので、避けた。
  • 作中のニュース映像は、撮り方が分からなかったので、本物のニュース班を雇った。
  • 終盤の街中のバトルでは、市長がハルクの大ファンで夜間の撮影を4日間許可してくれた。

撮影方法、キャスト起用・カメオ出演、オマージュ等話の幅が広く小ネタが多くて楽しめ、特典映像で観れる未公開シーンについても言及があります。

しかし、 話を聞く限り映画を観る人の大半が「ハルク」を知っている前提で話が進んでいる為、過去の「ハルク」のドラマ・映画のオマージュや話題にも触れます。

その為、知らない人には厳しい側面があるかもしれません。

原作コミックのネタや今後の伏線を示唆する内容も解説していますが、後の主演の降板もあるせいか本作以降に活かされている内容は少ないです。

また、他のメイキング等特典はこの音声解説視聴後の方が分かりやすいので、先に視聴する方がオススメです。

こんな人におすすめ

今作は一部キャラクターが後のMCUシリーズに出演しているものの、肝心のハルク役の変更と権利関係によりややこしい状態にあると感じています。

しかし、今後のMCUシリーズにも懐かしい今作のキャラクターが出ることから今後の作品展開次第では重要な場合があるかもしれません。

また、それらとは関係なくともDVD・Blu-ray特典は豊富で見応えがあるので、この映画の小ネタや撮影裏話等に興味がある方にはおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました