「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」Blu-ray特典音声解説レビュー

TSUTAYA TV
DVD・Blu-ray特典音声解説レビュー
画像出典:amazon

注意:作品を一通り観ている前提なのでネタバレが含まれています。また、レビューはあくまで個人の感想に基づくものです、ご了承ください。

はじめに

映画等多くのDVD・Blu-rayには本編以外の映像特典があります。

その特典の中でも私個人は音声解説を特に注目しており、重要性については下記より。

DVD・Blu-ray音声解説(オーディオコメンタリー)レビュー一覧と特典解説
はじめに最近動画配信サービスがあることでドラマや映画を一気見できます。しかし、動画配信サービスには一部を除きDVD・Blu-rayにある様な特典映像が無いことが多いです。特典には製作の裏話や小ネタが多くあり、中には...

今回は「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」のDVD・Blu-ray特典の音声解説について言及します。

収録されている音声解説

今作の音声解説は監督のルッソ兄弟、脚本のクリストファー・マルクス氏とスティーヴン・マクフィーリー氏の4名です。

現在、 DVD・Blu-rayはいくつか発売されており、Blu-rayにのみ音声解説は収録されています。

それ以外のBlu-ray単品もAmazon等で選べますが、物によっては本編のみの海賊版などいい加減なこともあるので注意が必要です。

アンソニー&ジョー・ルッソ(監督)、クリストファー・マルクス(脚本)、スティーヴン・マクフィーリー(脚本)の音声解説

私の評価:4.5 out of 5 stars (4.5 / 5)

印象的なコメント(要約したもの7選)及び感想

  • 脚本は丸一年かけて書き上げていて、この規模の作品で珍しく余裕があった。
  • 盾の能力等は製作側の都合次第で、理論上は銃弾は跳ね返らない。
  • 限りなくリアルな描写を目指すが限界があり結局はファンタジー作品なので、現実的に可能かは置いといて見応え重視の場所も解説。
  • 本作におけるヒドラとシールドの関係性についての案はケヴィン・ファイギ氏が発案。
  • ヒーローの魅力は悪者の魅力に比例する。
  • 脚本・撮影・編集の3度映画は作り変わる。その為、編集は試行錯誤を重ねる必要がある。
  • タイトルのウィンター・ソルジャーの由来はトマス・ペインの「夏の兵士」「冬の兵士」であり、キャプテンアメリカも含まれる。

撮影裏話、配役、キャラクターの性格と関係性、脚本の製作と変更等話題が豊富で幅広いです。

これまでのシリーズを観ていない人にもある程度理解できるように製作し、原作コミック以外に過去の他の映画へのオマージュや引用も多いようです。

その為、解説では様々な他の映画・キャラクターを例に出して解説しています。

こんな人におすすめ

本作はMCUシリーズの中でも人気作の一つなので、映像特典によって特別に評価が上がったりすることは少ないかもしれません。

しかし、製作舞台裏には興味深い内容も多く音声解説でも作品の意図・オマージュ・小ネタが多く存在します。

なので、今作が好きでより深く知りたい方におススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました