「ゴーストバスターズ」音声解説レビュー・小ネタ等まとめ

TSUTAYA TV
DVD・Blu-ray特典音声解説レビュー
画像出典:amazon

※注意:作品を一通り観ている前提なのでネタバレが含まれています。また、レビューはあくまで個人の感想に基づくものです、ご了承ください。

はじめに

映画等多くのDVD・Blu-rayには本編以外の映像特典があります。

その特典の中でも私個人は音声解説を特に注目しており、重要性については下記より。

DVD・Blu-ray音声解説(オーディオコメンタリー)レビュー一覧と特典解説
はじめに最近動画配信サービスがあることでドラマや映画を一気見できます。しかし、動画配信サービスには一部を除きDVD・Blu-rayにある様な特典映像が無いことが多いです。特典には製作の裏話や小ネタが多くあり、中には...

今回は「ゴーストバスターズ」のDVD・Blu-ray特典の音声解説について言及します。

しかし、Amazon等通販において特典の収録内容について詳しい記載の有無は商品それぞれで、音声解説の仕様も異なります。

収録されている音声解説

収録されている音声解説は以下の通りです。

  • スタッフとキャストによる音声解説
  • ファンによるファンのための音声解説(ゴーストバスターズ 公開35周年アニバーサリー・エディション [Blu-ray]のみ)

「ファンによるファンのための音声解説」は今のところ「ゴーストバスターズ 公開35周年アニバーサリー・エディション [Blu-ray]」のみ収録が確認できました。

スタッフとキャストによる音声解説」は他の多くのDVD・Blu-rayにも収録されているようです。

スタッフとキャストによる音声解説

この音声解説のメンバーは以下の通りです。

私の評価:3.5 out of 5 stars (3.5 / 5)

俳優、アドリブや怪奇現象の表現といった撮影方法、小道具や建物について等話題は幅広いですが多くはありません。

しかし、雑談・掛け合いも多く聞きやすいです。

小ネタ・製作裏話

音声解説にある内容を軽くピックアップして下記にまとめました。

  • 図書館で製作補のジョー氏が通るシーンがある(本編開始約1分)
  • 最初の図書館の撮影はNY市立図書館、地下に降りるとLA市立図書館。
  • ピーター・ヴェンクマン博士の心理実験のシーン:実在の実験が基になっている。
  • スライムの原料はデンプン。
  • ゴーストバスターズの車:結局今作ではオンボロ車1台で撮り終えて、「ゴーストバスターズ2」の撮影中に壊れる。
  • 撮影で使うゴーストバスターズの装備は15キロ。
  • ゴーストの初退治後のニュースで後ろから興味深そうに見ている男:俳優ではなく本当に勝手に映った人。
  • 監督のアイバン氏が緑色のゴーストと憑りつかれた女性の低い声を担当した。
  • 刑務所に入れられるゴーストバスターズ:本当の刑務所で撮影。
  • 市長役のディビッド・マーギュリース(デヴィッド・マーギュリーズ)氏:あらゆる映画でNY市長役を務める。
  • 撮影では道路封鎖などを行うが、無理に通ろうとした男性が実際に逮捕された。
  • 戦闘後の大量のマシュマロ:大量のシェービングクリームを使用した。

ファンによるファンのための音声解説

この音声解説のメンバーは以下の通りです。

私の評価:2.5 out of 5 stars (2.5 / 5)

製作関係者ではなくあくまでもファン目線であり、小ネタ・製作秘話も過去実際に製作陣に質問した内容~真偽不明のうわさや訂正があります。

この作品のファンで話に共感できる人にはおすすめです。

小ネタ・製作裏話

音声解説にある内容を軽くピックアップして下記にまとめました。

  • ゴーストバスターズの電話番号:映画で使用するために作られた架空の番号。フリーダイヤルで555は偽の局番だがかければつながり、実際にたくさんかかっている。
  • 最初のゴースト:パペットを使用し、数人で操作している。
  • 途中同じ建物なのにドアマンが変わっている:LAの撮影所とNYの2か所で撮影し俳優も異なる。
  • 医学的な知識について:全編を通して数字がどれも微妙にズレており鎮静剤が300ccは明らかな間違い。
  • 消火栓が壊れるシーンで飛び散るのは塩。

コメント

タイトルとURLをコピーしました