ジョカスタ・ヌー(Jocasta nu)のライトセーバーと関連玩具紹介

TSUTAYA TV
ライトセーバー
画像出典ーInsight Editions; Illustrated版 (2020/10/20)「Star Wars: The Lightsaber Collection」ー

※注意:以下解説等に作品のネタバレが含まれている場合があります。また、一部解説に誤りがある可能性もあります、ご了承ください。

ライトセーバー

出典ーInsight Editions; Illustrated版 (2020/10/20)「Star Wars: The Lightsaber Collection」ー

ジョカスタ・ヌーのライトセーバーは普段は任務上見えない様に所持していて、ブレード色は青です。

そして、ヴィレッジブックス出版のコミック『スター・ウォーズ:シスの暗黒卿 潰えた遺産/燃える海原』においてはライトセーバーを装填しエネルギー源とするライトセーバー・ライフルを披露します。

出典ーヴィレッジブックス出版のコミック『スター・ウォーズ:シスの暗黒卿 潰えた遺産/燃える海原』ー

玩具・レプリカセーバーの紹介

今回のライトセーバーにおける玩具・レプリカの商品展開については今のところ確認できませんでした。
その他高クオリティのライトセーバーのブランドを通販サイトライトセーバースタイルが取り扱っています。
ブランドやニーズに合わせた紹介は下記リンクより。

キャラクタープロフィール

ジョカスタ・ヌーは、ジェダイアーカイブの主任司書のジェダイ・マスターで戦士というより学者に近い存在です。

この権威ある役割を担う彼女はシスの禁じられた秘密を含むホロクロンの金庫を管理し、千世代ものジェダイの蓄積された知識へのアクセスを制御しています。

実写映画ではエピソードⅡにて彼女は登場し、女優アレシア・マグラス(Alethea McGrath)が演じました。

そしてCGアニメ「クローン・ウォーズ(THE CLONE WARS)」では(Flo Di Re)が声をあてています。

コミック『スター・ウォーズ:シスの暗黒卿 潰えた遺産/燃える海原』にて、彼女はオーダー66を生き延びましたがジェダイの秘密を守るべくコルサントに戻りました。

そこで大尋問官とダース・ベイダーに会い戦うことになります。

ダース・ベイダーにはライトセーバー・ライフルで応戦しましたが非常に強力なエネルギー電光を発射する独創的な構造の武器であるものの、最終的に敗北することとなりました。

個人的にヌーは自身の仕事にとても誇りをもっているため、エピソードⅡでは少々頑固な一面を感じました。

しかし、コミック等を見ていくうちに戦争で飛び回るジェダイに比べて更なる未来を見据えて行動する面があり、続三部作では深堀されてませんがルークがエピソードⅥ後にジェダイとして成長していける遺産を残しているのは感心します。

参考文献

  • 「Star Wars: The Lightsaber Collection」
  • ヴィレッジブックス出版のコミック『スター・ウォーズ:シスの暗黒卿 潰えた遺産/燃える海原』
  • その他スターウォーズ関連映像作品

ライトセーバー
NS-7010をフォローする
NS-7010の映画ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました