キ=アディ=ムンディ(Ki-Adi-Mundi)のライトセーバーと関連玩具紹介

TSUTAYA TV
ライトセーバー
画像出典ー通販サイトライトセーバースタイルー

※以下解説等に作品のネタバレが含まれている場合があります。また、一部解説に誤りがある可能性もあります、ご了承ください。

ライトセーバー

出典ーInsight Editions; Illustrated版 (2020/10/20)「Star Wars: The Lightsaber Collection」ー

キ=アディ=ムンディのライトセーバーは基本的にブレード色は青ですが、エピソードⅡでは一時的に緑のシーンがあります。

スターウォーズの映画撮影ではエピソードⅠのたった3種しかライトセーバーが登場しない撮影ですら約300本以上使用されたそうなので、その辺りのミスは十分に起こりえます。

しかし、その矛盾は彼のライトセーバーにカイバ―クリスタル(動力源)が2種類入っている設定にすることで解消されています。

彼のセーバーの柄は鈍いマット仕上げで、外部からのコントロールにより動力源を切り替えることが出来ます。

そして、彼の種族セリアン(Cereans)はローテク文化を好むため、彼自身は現代テクノロジーになれていましたがフリルやアクセントの無いシンプルなデザインにしています。

玩具・レプリカセーバーの紹介

今回のライトセーバーにおける玩具・レプリカの商品展開については今のところ確認できませんでした。
その他高クオリティのライトセーバーのブランドを通販サイトライトセーバースタイルが取り扱っています。
ブランドやニーズに合わせた紹介は下記リンクより。

キャラクタープロフィール

キ=アディ=ムンディは惑星セリア出身、セリアン(Cereans)という種族のジェダイ・マスターでジェダイ評議会のメンバーの一人としてエピソードⅠから登場しています。

そしてエピソードⅡでジオノーシスで戦い、エピソードⅢにてオーダー66発令後部下のトルーパーの手にかかり死亡します。

ムンディは彼の独特の先のとがった頭蓋骨と高齢を表すしわやひげといった特徴的な容姿が有名で、彼の種族セリアン(Cereans)は脳が二つあります。

その為、長い頭がありライトセーバーのクリスタルも2種類になっています。

また、参考書籍には記載がありませんが、彼の種族は数が少ないため本来結婚が認められていないジェダイの中でも例外的に認められた既婚者です。

アニメシリーズにも登場した彼を実写で演じたのは、俳優のサイラス・カーソン(Silas Carson)でエピソードⅠ~Ⅲのキ=アディ=ムンディだけでなくヌート・ガンレイといった他のキャラクターもいくつか演じています。

サイラスは素晴らしく・親切で・賢明で・保護的なマスターを意識して演じる際、叔父の様に感じていたそうです。

参考文献

  • 「Star Wars: The Lightsaber Collection」
  • 「Star Wars Lightsabers: A Guide to Weapons of the Force」
  • 「スター・ウォーズ 100シーン」
  • 「スター・ウォーズ キャラクター事典 完全保存版」
  • その他スターウォーズ関連映像作品
ライトセーバー
NS-7010をフォローする
NS-7010の映画ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました