ポング・クレル(Pong Krell)のライトセーバーと関連玩具紹介

TSUTAYA TV
ライトセーバー
画像出典ーInsight Editions; Illustrated版 (2020/10/20)「Star Wars: The Lightsaber Collection」ー

※注意:以下解説等に作品のネタバレが含まれている場合があります。また、一部解説に誤りがある可能性もあります、ご了承ください。。

ライトセーバー

出典ーInsight Editions; Illustrated版 (2020/10/20)「Star Wars: The Lightsaber Collection」ー

ポング・クレルのライトセーバーは折り畳み式のダブルブレードの上に2本所持しているという、グリーバス将軍と同じく4本のブレードを使います。

更にブレード色はそれぞれ青と緑と異なっており、通常より低音域の音を出しています。

そして、中間の蝶番によって折り畳みを可能にしています。

この様な折り畳み式のライトセーバーは、他にはep9のダークサイドverのレイやジェダイ・テンプル・ガードが有名です。

しかし、標準的な人種の基準では収納の際かなりかさばる為、彼の種族ベサリスクの様な肉付きのよい足に適しています。

玩具・レプリカセーバーの紹介

今回のライトセーバーにおける玩具・レプリカの商品展開については今のところ確認できませんでした。

しかし、通販サイトライトセーバースタイルでは違うデザインのep9にて登場したレイの折り畳み式ライトセーバーの取り扱いがあります。

あと、折りたたむことはできませんが他に近いタイプのダブルブレードライトセーバーを取り扱っています。

また、YDD社で2本セットを購入することで、ダブルブレードにするためのカップラーがついてくる上に手元で色を変更できるライトセーバーがあります。

更に、ウルトラセイバーズ社も2本のライトセーバーを繋げることが出来るカップラーを購入できます。(2本同時購入時はカップラー無料)

また、その他高クオリティのライトセーバーのブランドを通販サイトライトセーバースタイルが取り扱っています。
ブランドやニーズに合わせた紹介は下記リンクより。

キャラクタープロフィール

ポング・クレルはベサリスクという種族のジェダイ・マスターで、CGアニメ「クローン・ウォーズ(THE CLONE WARS)」に登場しました。

実写でいえばep2に登場したオビ=ワン・ケノービの友人デクスター・ジェットスターと同じ種族ですが、彼とは異なりフォースの才能によって高い階級を持ち残忍な性格です。

利き腕は4本の内上の一対で、その2本の腕でライトセーバーを持ち戦います。

アニメを観たら分かりますが、彼はアンバラの戦いにてクローントルーパーを同士討ちさせて裏切ります。

銀河系はいずれシスの支配下になると予見し、目的はドゥークー伯爵の弟子になる為に行動する堕ちたジェダイといえる存在でした。

彼の最期は早く、クローントルーパーによって裏切り者として捉えられ中でも忠実だったトルーパーのドグマに殺害されました。

4話ほどの登場でしたが、非常にインパクトを残すキャラクターでした。

性格は悪役として素晴らしく、ライトセーバー同士の戦いが無かったことは個人的に勿体なかったと思いました。

参考文献

  • 「Star Wars: The Lightsaber Collection」
  • 「スター・ウォーズ キャラクター事典 完全保存版」
  • 「完全保存版ビジュアル大百科スター・ウォーズ ビジュアル・エンサイクロペディア」
  • CGアニメ「クローン・ウォーズ(THE CLONE WARS)」
ライトセーバー
NS-7010をフォローする
NS-7010の映画ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました