ジェダイ・テンプル・ガード(JEDI TEMPLE GUARD)のライトセーバーと関連玩具紹介

TSUTAYA TV
ライトセーバー
画像出典ーInsight Editions; Illustrated版 (2020/10/20)「Star Wars: The Lightsaber Collection」ー

※注意:以下解説等に作品のネタバレが含まれている場合があります。また、一部解説に誤りがある可能性もあります、ご了承ください。

ライトセーバー

出典ーInsight Editions; Illustrated版 (2020/10/20)「Star Wars: The Lightsaber Collection」ー

ジェダイ・テンプル・ガードは個人ではなく組織・役職の為、他のジェダイと異なり個々のライトセーバーを持たず複数人が同じ形を持っておりますがその形状は独特です。

彼らのライトセーバーはライトセーバー・パイク(lightsaber pike)という槍の様に通常より柄の長いダブル=ブレードのライトセーバーで、ブレード色は黄色です。

黄色のブレード色は実写ではエピソード9のラストで登場したのみで珍しいものでしたが、他でも今回の様に登場はしていました。

そして、このライトセーバーのシングルブレードバージョンは、スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジにもあります。

玩具・レプリカセーバーの紹介

今回のライトセーバーにおける玩具・レプリカの商品展開については今のところ確認できませんでした。

しかし、通販サイトライトセーバースタイルでは違うデザインのep9にて登場したレイの折り畳み式ライトセーバーの取り扱いがあります。

あと、折りたたむことはできませんが他に近いタイプのダブルブレードライトセーバーを取り扱っています。

また、YDD社で2本セットを購入することで、ダブルブレードにするためのカップラーがついてくる上に手元で色を変更できるライトセーバーがあります。

更に、ウルトラセイバーズ社も2本のライトセーバーを繋げることが出来るカップラーを購入できます。(2本同時購入時はカップラー無料)


その他ブランドやニーズに合わせた紹介は下記リンクより。

キャラクタープロフィール

ジェダイ・テンプル・ガードはジェダイ・オーダーに仕えた組織であり、初登場はCGアニメ「クローン・ウォーズ(THE CLONE WARS)」シリーズです。

その後も映像作品や書籍等に登場しましたが、2021年1月現在において実写作品には登場していません。

彼らはコルサントのジェダイ寺院にて厳選された警備員であり、匿名で奉仕しローブとマスクで身元を隠しています。

めったに話さず、顔のない疲れ知らずの歩哨として機能してきました。

そして、オーダー66でジェダイ・オーダーが壊滅した際には、ジェダイ・マスターのシン・ドローリグが指揮していました。

しかし、その後CGアニメ「反乱者たち(REBELS)」や書籍にて、元ジェダイ・テンプル・ガードが尋問官として帝国に仕えているのが描かれています。

参考文献

  • 「Star Wars: The Lightsaber Collection」
  • 「完全保存版ビジュアル大百科スター・ウォーズ ビジュアル・エンサイクロペディア」
  • その他スターウォーズ関連映像作品
ライトセーバー
NS-7010をフォローする
NS-7010の映画ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました