アサージ・ヴェントレス(Asajj Ventress)のライトセーバーと関連玩具紹介

TSUTAYA TV
ライトセーバー
画像出典ーInsight Editions; Illustrated版 (2020/10/20)「Star Wars: The Lightsaber Collection」ー

 ※注意:以下解説等に作品のネタバレが含まれている場合があります。また、一部解説に誤りがある可能性もあります、ご了承ください。

ライトセーバー

出典ーInsight Editions; Illustrated版 (2020/10/20)「Star Wars: The Lightsaber Collection」ー

アサージ・ヴェントレスのライトセーバーはブレード色が赤のダブルブレードライトセーバーです。

分離することができ、2本を個別で使う二刀流とダブルブレードのセーバースタッフの2通りの使い方が出来ます。

柄は銀と黒の縞模様で湾曲しているのをつなげているので、S字になっています。

このライトセーバーはドゥークー伯爵から譲渡され、後にバリス・オフィーに奪われます。

玩具・レプリカセーバーの紹介

通販サイトライトセーバースタイルでは、同じデザインのレプリカは無くオリジナルの曲がった形状のものはあります。

また、Amazon等では形状故に安価なものは無く、FXライトセーバーのみがありました。

その他高クオリティのライトセーバーのブランドを通販サイトライトセーバースタイルは取り扱っています。
ブランドやニーズに合わせた紹介は下記リンクより。

キャラクタープロフィール

アサージ・ヴェントレスは惑星ダソミアのナイトシスターという一族出身の人物で元ジェダイ・パダワン、初登場時はドゥークー伯爵の弟子として登場します。

しかし、シスはダース・ベインにより「一師一弟子制度(THE RULE OF TWO)」があり同時期に2人しか存在できない為、ヴェントレスは弟子又は見習い扱いではあるもののシスではありませんでした。

ヴェントレスが力を増していく中、ダース・シディアスの指示によりドゥークー伯爵は彼女を裏切りました。

その後ドゥークー伯爵へ復讐を試みたり等ありますが、最終的に故郷の一族であるナイトシスターはヴェントレスとマザー・タルジンを除き滅びました。

その後ヴェントレスはバウンティ・ハンターになりますが、バリス・オフィーアソーカ・タノを裏切った事件がありその際にライトセーバーをバリスに奪われました。

製作舞台裏

時系列としてはep2とep3の間のエピソードにて登場するキャラクターですが、元々はep2の為に作成されたコンセプトアートから派生しました。

声はニカ・ファターマン(Nika Futterman)が担当しました。

2Dアニメ「クローン大戦」

ep2とep3の間のアニメシリーズとして、CGアニメ「クローン・ウォーズ(THE CLONE WARS)」の製作の前にレジェンズ扱いの2Dアニメ「クローン大戦(CLONE WARS)」があります。

そこでアサージ・ヴェントレスは初登場しました。

初登場時、緑と青のライトセーバーの二刀流で登場し、ドゥークー伯爵によるスカウトと今回のライトセーバーを譲渡するシーンがあります。

このアニメシリーズはレジェンズ扱いではあるものの、キャラクターや設定が一部正史で登場する為どういう扱いか明言はできません。

参考文献

  • 「Star Wars: The Lightsaber Collection」を翻訳した内容
  • 「完全保存版ビジュアル大百科スター・ウォーズ ビジュアル・エンサイクロペディア」
  • 「シスの書」
  • 「スター・ウォーズ」関連各映像作品
ライトセーバー
NS-7010をフォローする
NS-7010の映画ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました