フィフス・ブラザー尋問官(Fifth Brother Inquisitor)のライトセーバーと関連玩具紹介

TSUTAYA TV
ライトセーバー
画像出典ーInsight Editions; Illustrated版 (2020/10/20)「Star Wars: The Lightsaber Collection」ー

※注意:以下解説等に作品のネタバレが含まれている場合があります。また、一部解説に誤りがある可能性もあります、ご了承ください。

ライトセーバー

出典ーInsight Editions; Illustrated版 (2020/10/20)「Star Wars: The Lightsaber Collection」ー

フィフス・ブラザー尋問官のライトセーバーは他の尋問官のライトセーバーと同様にブレード色が赤の回転式のダブル=ブレードライトセーバーで、プロペラの様に回転させることで空を飛べます。

このライトセーバーは他の尋問官のものと異なり、放射口のリングには両側に切り込みが入って広くて平らです。

また、各ブレードの放射口には、過熱を防ぐために小さな穴が空いてます。

そして、下図の様に柄を中心に放射口のリングを二分して使用することも可能です。

出典ーInsight Editions; Illustrated版 (2020/10/20)「Star Wars: The Lightsaber Collection」ー

玩具・レプリカセーバーの紹介

通販サイトライトセーバースタイルではルシファーセイバーズ社の尋問官のレプリカライトセーバーが紹介されており、ギミックとしてリングの折り畳みが紹介されています。

回転式のライトセーバーはそこまでクオリティの高いものはなく、amazon等に自動ではないものの形状としては近い回転できるライトセーバーがあります。

その他高クオリティのライトセーバーのブランドを通販サイトライトセーバースタイルは取り扱っています。
ブランドやニーズに合わせた紹介は下記リンクより

キャラクタープロフィール

尋問官(Inquisitor)はパルパティーン皇帝に忠実なダークサイドの戦士で、オーダー66の生き残りのジェダイの殺害やフォース感知者の子供の探索等を行います。

フィフス・ブラザー尋問官もそういった尋問官の一人で、コミックやCGアニメ「反乱者たち(REBELS)」等に登場します。

灰色の肌を持つ種族で、ジェダイとして育てられましたが帝国ができて間もない頃に尋問官になりました。

彼の新しい人生では戦士及び暗殺者として訓練を受けた後、帝国の名の下にジェダイの生存者を排除するために行動しました。

彼は力強さにより多くの敵よりも優位に立つことからか、戦闘において強力で鋭い動きに依存しています。

彼の最期はCGアニメ「反乱者たち(REBELS)」シーズン2の最終話にて、アソーカ・タノと交戦中にライトセーバーを破損。

その直後にモールに切られて殺害されました。

製作舞台裏

彼の初登場はCGアニメ「反乱者たち(REBELS)」でしたが、外見の元になったのはep7の為に作成された未使用のコンセプトアートからでした。

そのキャラクターは、名前のないダークサイドのヴィランでした。

声は俳優のフィリップ・アンソニー=ロドリゲス(Philip Anthony-Rodriguez)が担当しました。

参考文献

  • 「Star Wars: The Lightsaber Collection」
  • CGアニメ「反乱者たち(REBELS)」シーズン2
ライトセーバー
NS-7010をフォローする
NS-7010の映画ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました